カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

彫金とは

zippo彫金

古くは奈良時代から日本に伝わる伝統技法であり、
侍が台頭した鎌倉・室町時代に発展し主に鎧や兜、刀の装飾に使われていた技術です。

明治になっては廃刀令が施行されてからは煙草入れや簪(かんざし)、帯留めなどに使われ
現代ではジュエリー・zippoの装飾など幅広く金属製品の装飾に使用されています。
※イメージしやすいもので言うと寺社仏閣やお神輿・五月人形の装飾です。

本来「彫金」とは
金属に模様を彫りこむ技術のみを指しますが
現代では金属の成形や研磨技術を総合して”彫金”と呼称されるのが一般的です。


フォルトゥナピアス

IMULTAでは伝統的な技術え東西に囚われず様々な模様を彫り上げています。

お問い合わせ