カート
ユーザー
商品をさがす
絞り込む
コンテンツ
ソーシャル


彫金とは古くは奈良時代から日本に伝わる伝統技法であり、侍が台頭した鎌倉・室町時代に発展し主に鎧や兜、刀の装飾に使われていた技術です。

加工する金属製品の表面を、鏨(タガネ)と呼ばれる金属用の彫刻刀を一打一打金槌で叩きながら模様を彫り入れていきます。
他の技術ではなし得ない、細かく繊細な装飾が可能になります。


zippo彫金


彫金の歴史

奈良時代に日本に伝来した彫金の技術は武士(侍)の台頭によって鎌倉室町時代に花開き、主に刀剣を装飾する「御家彫り」が後藤家によって確立されました。
後藤家は江戸時代以前から貨幣鋳造、小判(当時は大判)の製造にもかかわっていた名家です。

当時は一部の武士の上流階級の持ち物へ用いられる技法でしたが横谷宗珉が「町彫り」を確立しキセルなどの日用品にも用いられるようになりました。
その後明治になっては廃刀令が施行されてからは煙草入れや簪(かんざし)、帯留めなどに使われるようになり時代に合わせた変化をしていきます。

明治金貨をデザイン・製作した加納夏雄なども非常に有名な彫金師です。
現代において彫金はジュエリー・zippoの装飾など幅広く金属製品の装飾に使用されています。

※イメージしやすいもので言うと寺社仏閣やお神輿・五月人形の装飾があります。


彫金技術の種類

現代において彫金といわれる技術は以下の3つの技術を指します。
・彫金(金属に模様を彫る・彫って形を作る)
・鍛金(金属を金づちなどで叩いて造形する)
・鋳金(鋳型に金属を流し込んで造形する) 
本来「彫金」とは金属に模様を彫りこむ技術のみを指しますが、現代では金属の成形や研磨技術を総合して”彫金”と呼称されるのが一般的です。

IMULTAのアイテムを製作している上谷が得意としているのは模様を彫りこむ彫金の技術であり、
販売しているアイテムの模様は一点一点手彫りしたものをもとに製作しております。




フォルトゥナピアス



彫金というと伝統的な模様・モチーフを彫ったものをイメージされる方もいらっしゃると思いますが、
IMULTAでは伝統的な彫金の技術で東西のモチーフに囚われず様々な模様を彫り上げています。

またオンラインショップのアイテム以外にお手持ちの金属製品への彫金オーダーをご希望の方はお気軽にお問合せください。
どのようなものを彫っているかは過去の彫金事例をご覧ください。


IMULTAの彫金オーダー事例
彫金のオーダーを検討されている方はまずは一度お問合せくださいませ。

彫金オーダーについてご案内


彫金オーダーお問い合わせ


NEXT:彫金萬について≫

≪BEFORE:初めてのお客様へ