IMULTAショップへようこそ

680年前、室町時代から日本に伝わる伝統技法であり、もともと「彫金」という言葉自体は金属に彫刻を施す技術を指しますが、金属の成形や研磨装飾を総合して彫金技術と呼称されます。

誕生した当時は鎧や刀の装飾に使われていた技術でしたが、時代の移り変わりとともに技術が磨かれていき現代では刀などの装飾のほか、主にアクセサリーなどの装飾品に使われるようになりました。

 

IMULTAでは主に美しく模様を彫り上げた彫金の商品を提供しています。